事業承継・M&Aをお考えの方

会社の事業の現状と将来像を分析し、事業承継計画を策定するサポートを行います

事業承継は一般的には
① IPO、上場(事業継承、株式議決権の承継)
② M&A,、MBO(事業承継・第三者への承継)
③ 後継者へ(事業承継、経営と資産の承継、相続対策)
④ 清算・廃業(資産承継、相続対策)
の4つに集約されますが、経営者にとって「事業の継続」、「社員の雇用」、「取引先との関係維持」は重大な関心事です。経営者として引退する時期を迎えるにあたり、親族や役員・社員に托すことが難しい場合、事業を「第三者に托すこと」、すなわち「M&Aによる企業譲渡・事業譲渡」という方法をとるケースが最近ますます増加しております。経営者の引退で社員が路頭に迷うことなく、事業が継続できるからです。会社の譲渡は「事継対業承策」のほか「企業体質の強化」「創業者利潤の確保」といったメリットを会社とオーナー様にもたらします。最近では中堅・中小企業の間で会社(事業)の譲渡は有効な事業承継対策という認識が広がっています。
事業承継とは「価値を繋ぎ、価値を生み続ける組織を作るための革新」であると私どもは考えます。

事業承継の変化

ライフプランが多様化して職業選択の自由が優先され、経営環境の激変により経営能力を備えたプロ経営者が不可欠な時代には、まず「だれに承継するのか?」「経営者としてどうそだてるのか?」という「人的事業承継対策」が最優先の課題となります。

業務内容

 

事業承継戦略の策定サポートにより、経営者と後継者の、引継ぎ繋ぐべき「価値」への認識の統合と方向性・戦略の共有化をサポートします。 後継者のブレーンとして、経営の円滑な承継を長期的にサポートします。

事業承継業務
事業は、ひと、もの、お金、ノウハウ、ブランド価値、顧客との関係などが、合わさって価値を形成しているものと考えています。その事業を次世代に、場合によっては新しい経営者に承継していくことが、事業承継です。
当事務所では、お客様の大切な事業を、滞りなく承継するお手伝いをしております。
M&A支援業務
事業承継や事業譲渡に伴い、事業価値や、企業が保有する不動産価値を算出しなければならないことがあります。
また、事業承継や事業譲渡のスキーム(仕組み)には、様々なものがあります。(株式譲渡、営業譲渡、会社分割方式等)
当事務所では、スムーズな事業譲渡(M&A)のために、事業価値の算定、最適なM&A手法をご提案します。

目黒・五反田の税理士 久保会計・税務事務所へのお問い合せ